ボートにラッピングするなら業者へ

ラッピングボートの製作は、ラッピングシートを表面に貼り付けることで行います。

サイズにもよりますが、10mくらいの長い船体にも貼り付けることができ、塗装よりは簡単に施工できるのが魅力です。ただし、コストは以外にも塗装よりも高くなります。こちらのメリットは、短期間で施工できることと、ラッピングなので必要なくなればシートをはがすだけで元に戻せることです。使わなくなった時にボートを売ることを考えているなら塗装すると価値が下がってしまいますので、価値を下げたくない場合はこの方法がベストとなります。

ボートをきれいに仕上げてもらいたい場合は、業者を利用するのがベストです。小さいマークを入れる程度ならDIYで行うことも不可能ではありませんが、全体を覆う作業はとても一人では行うことができません。シート自体が大きくなりますので印刷をする大型機械が必要になりますが、これは個人では購入するのが難しいでしょう。また、大きなシートを貼り合わせるのは一人ではできないので複数人で作業しなければなりません。

仮に人数が確保できたとしても、素人ではきれいに貼り合わせることはできませので、見栄えが悪くなってしまいます。業者に依頼すればばっちり作業してくれるのが魅力です。ボートのラッピングだけでなく、自動車やバイク、自転車等にラッピングすることは流行っているので、専門の業者が存在しており、幅広く対応してくれます。料金は個別の作業によって異なるため、一度見積もりしてもらう必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *