ボートラッピングの施工手順は

価格は大体洗剤ハイジア春面積によりますが20万円くらいから、小型舟は5万円程度でてきます。

どうやって貼るのかということや仕上がりが心配な人のためにここでは施工手順についてご説明いたしましょう。なかなかボートラッピングがそれだけの出資になりますのでご希望通りのものにならないと心配です。まず最初にステッカーなどラッピングする上で邪魔になるようなものをスクレーパーで丁寧に剥がして行くところから作業は始まります。それによってステッカーなどがしっかりとボートの側面に貼られることになるのです。

船体を綺麗に拭き掃除することも大事。帯電防止剤を使用し脱脂と静電気による埃の付着を予防するために丁寧に掃除をいたします。静電気による埃の付着などが結果的に仕上がりに大きな影響が及んでしまいますので、それを防ぐためです。FRPのえぐれや、深い傷などはパテでしっかりと補修いたします。深い傷などがあるとメディアがつきにくく浮いてしまうことを防ぐためです。

角エッジ部分や剥がれの原因になりそうな場所をよく見極めプライマー処理も行います。位置決めをして使用メディアは基本的にスリーエム社の物を使いますが、形状などによって適宜使い分けています。局面はヒートガンを使って少しずつなじませながらはっていき、メディアの限界上の伸ばさないように気をつけながらはります。アメリカで施行されたラッピングボートなどからよく勉強し技術の方を磨き上げて行っているので、様々な工夫が勉強になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *