ラッピングを利用したイベント車両

街中でイベントを告知するのに、大きな看板を使う企業や団体は少なくありません。

人通りの多い場所なら、宣伝効果もかなり期待することができます。ただ、同じ場所にあると一定数以上の人に見てもらうことは難しくなってきます。より多くの人に見てもらうためには、看板の数を増やさなくてはいけません。数を増やすと、その分製作費用もかかってしまうため作成を躊躇してしまうこともあるでしょう。数を変えずに見てもらう人数を増やしたいなら、ラッピングを使用したイベント車両がオススメです。

イベント車両は、街中を走りながらより多くの人に看板を見てもらうことが出来るので便利です。通勤通学の時間帯など、場所だけでなく時間も狙って走らせることが出来ます。何日間かかけて、複数の市町村で一台のイベント車両を走らせても効果的です。車両自体が看板の形になりますが、その作成方法は様々です。企業の宣伝など、内容が長期間同じでも良いものなら直接塗料で描いてしまう方法もあります。

一方、イベントなど期間が決まっているものなら直ぐに変えられる方法がオススメです。内容をすぐ変えたい時は、車体にシールを貼るラッピングにするとコストも手間もかかりません。シールでラッピングしているだけなので、利用が終わったら簡単に剥がして元に戻すことが出来ます。内容を変えたい時も剥がして、新しいものに簡単に交換することが可能です。ラッピングなら塗料のように乾かす必要もなく、短時間で広告の内容を変えて直ぐに使うことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *