イベント車両だけでなく車のイメチェンにもラッピング

路線バスや列車、イベント車両などでお馴染みのラッピングとは、どのような仕組みになっているのでしょうか。

これは広告を印刷したフィルムを、車両にかぶせるだけで完成します。一々塗装する暇が要らないし、かぶせるのも外すのもそう時間がかからないので、様々な分野で幅広く使われています。またバスや列車だけでなく、最近は飛行機やタクシーにも使われることがあります。たとえば、自分の車を一日だけイベント車両として使いたい時でも、とても役に立ってくれます。しかもこのラッピング作業というのは、思ったよりも簡単なのです。

フィルムは白無地の塩化ビニールのシートを使い、これに広告とかオリジナルデザインを印刷します。印刷したら、その上にラミネート加工をします。ラミネート加工をすることで、フィルムの強度をかなりアップすることができます。ラッピングをする時は、まず車両を洗浄します。汚れていると接着しにくくなるからです。この接着は、専門業者にまかせるといいでしょう。専用ツールを使って、きれいに仕上げてもらうことができます。

業者に連絡して、まずは見積もりを出してもらうようにしましょう。もちろんイベント車両にするだけでなく、車にちょっとアクセントを入れたいとか、少し雰囲気を変えたいという時にもラッピングは有効です。世界に一台だけのオリジナルの車を作りたい時に、手早く施工ができて、しかも変更も復元も思いのままのラッピングは特にお勧めといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *