貸切バスにラッピングをすると

ラッピング広告というものをご存知でしょうか。

今では、主に乗り物などに施されています。例えば、鉄道においては列車の車体にキャラクターなどをデザインしたものが走っているのを見かけることがあると思います。それは塗料を使って車体に描いているのではなく、塩化ビニール製の薄いフィルムにキャラクターデザインなどを印刷し、それを貼り付けているのです。そのフィルムの片面には粘着剤が施してあり容易に貼り付けることが出来ます。また剥がすのも簡単です。

列車内における広告と言えば吊り広告など車内にしかありませんでしたが、この塩化ビニール製のフィルムでラッピングをすることによって外側にも広告を施すことが出来るようになりました。沿線を走っている時にも宣伝になりますし、駅のホームで待っている人に対しても宣伝が出来ます。さてそういったラッピングは鉄道だけではありません。大きなものでは飛行機やフェリーもありますし、もっと身近な所では車にも施されています。

例えば貸切バスなどはとてもよいものになります。というのは貸切バスは乗用車と比べて車高が高く街中で走ると目立ちますし、それに何より大きなラッピングを施すことが可能です。貸切バスによっては側面の窓にも施しています。フロントガラス以外の場所なら全てに施すことが出来るのです。走る宣伝車になります。バス会社の宣伝としてラッピングしてもいいですし、何かのイベント用にバスを借りて、それにイベントを告知するデザインを施せば走る分だけ人がイベントのことを知るようになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *