自動車関連にラッピングやイベント車両を手掛ける業者

車やバスなどの自動車関連の乗り物をラッピングしたり改装をしたりしてイベント車両として使うと、高い宣伝効果を得ることができます。

ラッピングとは車両に企業名やイベント名を載せた宣伝となるデザインを施すもので、そのまま道路を走ると目立って、宣伝になります。またトラックがそのままステージになったり店になるなど改装もできるので、車両そのものが宣伝カーでもあり、許可を得た場所に駐車して実店舗となって商品の販売などにも使うことができます。

イベント車両がその会場まで行くだけでも宣伝をすることができるとともに車なので、簡単に移動をすることができるので、一日のうちでも1か所だけでなく、複数の場所で井バントを開催することも可能です。このように車両にラッピングをしたり、イベント車両として改造したりする専門の自動車関連業者があります。トラックだけではなく、バスやタクシー、一般の乗用車などにもラッピングができ社用車にしたり、電車などにも使われていて、それらの車両や電車は通り過ぎていくので、一目でどこの企業や宣伝したい内容がわかるようなデザインでラッピングしてもらえます。

このようなことを行う業者はもともとは自動車関連業者というよりも看板サインやラベル、標識などを作る会社であったり、トラックでの運送業であったりする場合が多いです。紙の印刷物とは異なり立体的で移動するものに特化し、ターゲットが集まる場所や時間、運行ルートなどに応じたデザインの車両づくりを手掛けています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *