自動車関連におけるラッピングイベント車両

日常でもビジネスでも、もはや必要不可欠な存在となっている自動車ですが、日常の足や運送業などだけではなく、自動車関連には他にもさまざまな役割があり、イベント車両もそんな自動車関連の種類の一つとしておなじみの存在となっています。

まずイベント車両というものは、基本的にイベント会場や街中を走行しているものであり、宣伝として広告を車両のボティに施したもののことです。イベント会場などではこういった派手なイベント車両がずらりと並んでいたり、駅前など人が多く集まる場所では、ぐるぐると走行してるところを見かけることもよくあります。

そんなイベント車両ですが、もともとは塗装によるペイントで施工されており、それゆえに作業にそれなりの時間と手間が必要で、手作業ゆえにコストも高くなりがちでした。さらに風雨などの劣化のリスクもありましたし、カラーはもちろん描かれる模様や柄などにも限界がありました。

しかし現在では塗装に代わってラッピングという方法が登場しており、ラッピングの場合はコンピューターでシートに絵柄を描くので複雑かつ細やかな模様や柄、カラーのグラデーションなども実現可能ですし、そのシートで車両を包むだけなので時間も塗装よりも短縮し、劣化にも強くてコストも抑えられるという、まさに塗装におけるデメリットを克服している方法として注目度も高まっています。それゆえにラッピング車両は全体的な自動車関連の中でも高い人気を誇っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *