イベント車両などの自動車関連のラッピングについて

街角を歩いていると、時折派手な宣伝を車体全体につけたバスなどの大きな車を見かけます。

以前は、大きな広告といえば映画館の広告のように手書きのペイントでしたが、最近の広告は実にリアルで時には写真がそのまま描かれている場合もあります。さっきの車での宣伝でよく見るものに上映中の映画の広告もあります。大きなロゴと映画の1シーンの写真を大変綺麗に描いています。昔から考えると夢の様な感じがしてきます。この様な、イベント車両へデザインを載せるのに最近使われる様になったのが自動車関連のラッピングです。

ラッピングというと何かを包むという事ですが、自動車関連のこの様な技術は最近大変進歩してきています。この様な技術革新が、イベント車両への写真などを載せる事を可能にしてきました。このラッピングによるイベント車両への広告掲載の自動車関連の手法のメリットは、実際にペイントを塗装する場合と異なり広告を載せるのも簡単にできるとともに、それを取り除くのも簡単に出来る事です。

ラッピングというのは、要するに印刷をしたフィルムを貼り付けるという事です。従って、これを取り除くには単にフィルムを剥がせばいいことになり、極めて容易に人手や時間をかけずに広告を取り除く事ができます。上映中の映画の広告の様な短期間しか必要ないものの場合には極めて好都合です。新しい映画が始まった時には、また新しい広告を簡単に載せる事ができます。経費も節約できて迅速に広告を行う事ができるので重宝されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *