自動車関連ラッピングのイベント車両への利用

私達が人を集めて何かを見せたいなどという場合に一番すぐに行うべき事は、行う催しを多くの人に知らせる事です。

この様な場合には、何らかの方法で広報や宣伝を行う必要があります。この様な事を企業などが大規模に行う際によく使われているのがイベント車両です。街角で目立つイベント車両が走ればそれだけで大きな宣伝効果がありますが、目立つ理由は、奇抜な形をしていたり目立つ装飾が施されているからです。装飾の中でも大変多く行なわれているのが自動車関連ラッピングです。イベント車両の奇抜な形と目立つラッピングは、大きな宣伝効果をもたらします。

以前は、時間をかけて塗装されたいた車体が、自動車関連のラッピング技術の登場で全く様変わりしました。実際に行う事は、デザインなどについて打ち合わせてコンピュータで作図を行いプリンタで塩ビシートに印刷を行い、それを車体に貼り付けるだけです。最近良く見かけるイベント車両はこの様な最新の自動車関連技術を使って装飾されています。

塗装に比べたこの技術の優位な点は、短期間で装飾を行ったりそれを取り除いたり出来る点です。塗装の場合には絵を描くだけ短くても2週間程度かかるのに比べ、ラッピングでは長くても1日あれば取り除いて新たな装飾を施す事ができます。また、塗装の場合には有機溶剤などの人体に有害な化学物質を使わなければなりませんが、ラッピングの場合には貼り付けるだけですのでその様な事はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *