イベント車両には大きく目立つデザインをラッピングで

イベント車両とはその名の通りイベントで使われる車です。

乗用車を使うこともありますし、トラックやバスなどを使うこともあります。ところで、イベントと言えば人が集まるものですし、そういうことに使う車両に何も施さないのは、勿体無いとも言えるでしょう。宣伝も兼ねて派手にデザインを施した方が目立ちます。それにイベント会場まで走行することもありますし、その間もイベントの宣伝が出来れば役に立ちます。さて、そういったイベント車両に派手なデザインを施すにはどういった方法があるでしょうか。

真っ先に思いつくのは、ボディーに塗装を施すことかもしれません。専門の所に依頼をすればやってもらえるはずです。ですが、イベント期間中はいいものの、それが終了したら元に戻すことにもなります。ですので、長期間ならまだしも、短期間の開催であればあまりよい方法ではなさそうです。実はそういった際には、ラッピングという技術を使うといいかもしれません。ラッピングとはそのまま訳すと「包み」といったことになりますが、塩化ビニール製の薄いフィルムを貼り付けることなのです。

そのフィルム上に大型サイズのプリンターなどデザインを印刷し、それを車のボディーに貼り付けていきます。裏には粘着剤が付いているので容易に貼り付けられます。そしてイベントが終了すればすぐにはがして元の状態に戻すことも可能です。こういった方法があるので、イベント車両などには大きく派手にデザインを施せるラッピングを施すとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *