移動手段としての自家用自動車の圧倒的利便性と危険性

今日では自動車は世の中に溢れかえり、一家に一台というほどに普及しています。

特に日本は世界的に見ても自動車産業が盛んなのは、メーカーの数、車種の多様性からも分かることです。これほどに普及したのは、やはり自動車の利便性が高いからでしょう。あなたは移動手段として何を思い浮かべますか。移動手段は公共交通機関とそうでないものに大きく分けることができますね。公共交通機関でいえば、バス、電車、航空機などでしょうか。それ以外の移動手段は徒歩、自転車、自家用車などですね。これらの大きな違いとして公共交通機関は定時、定位置にしか止まってくれません。

これは公共のものですから当たり前ではありますが、これはとても不便なものです。電車に乗り遅れたり、電車の駅までが遠かったりというのは地方ではよくあることです。しかし、徒歩や自転車、自家用車であれば時間や場所を気にする必要はありません。好きな時間に出て行けますからね。特に自家用自動車であれば比較的短時間でどこへでもいくことができます。そして公共交通機関にはできない寄り道もできます。そしてその自家用車内はプライベート空間となります。

公共交通機関は多くの方が使用する場になるので大声で騒いだり、食事をするのも憚られます。しかし他人のいない空間ができる車内は大声で話しても、歌っても、食事を取っても何の問題もありません。公共交通機関に比べ自家用車は圧倒的に利便性が高いのです。しかし自分自身で運転することによる疲労や危険は伴う事になります。最近は飲酒運転などが多く、事故も数多く発生しています。自動車はその利便性故に多大な危険性を秘めているということも自覚したうえで利用しなければなりませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *