自動車があるととても便利である

今や一家に一台どころか一人一台自動車を所有する時代になりつつあります。

特に地方に住んでいる人にとっては、それがなければ死活問題になるほど絶対に必要なものとなっています。列車が通っている地域でさえ1日数本しか本数がなくバスも1日に数本しか通らない場所に住んでいる人にとっては、自動車がないと生活をすることが困難な状態です。スーパーもそれを使っても時間がかかるほど遠い距離にある場合が多く、とても歩いて行ける距離にはないことが殆どです。

通勤の時もそれを使って職場まで行く人が大半ですし、電車通学をしているお子さんがいる家庭では駅まで送り迎えをする場合が殆どです。それほど地方では電車もバスも本数が少ないのです。そのためそういった所では一人一台所有していないと生活ができない状態です。また都市部で生活をしていても、殆どの家庭で自動車を所有しています。直ぐ近くのコンビニに行くときでさえ使う場合もあるほど、それに依存している人がたくさんいます。そのため渋滞の激しい道路もたくさんあり、とても混在しています。

自動車はとても便利です。それがあることによって、小さいお子さんがいても遠くまで遊びに行くことができます。また最近では国道沿いに大型スーパーやレストランがあることが多いので、自動車を持っていないとそういった場所に行くのが難しい場合も多々あります。そのため都市部に住んでいる人にとっても、生活の一部となっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *