トラックだってラッピングできます

ラッピングというと、電車やバスなどの公共交通機関を彩ったり、あるいは車好きな人が自分の愛車を自由にコーディネートするのに使ったりするのが一般的なイメージではないでしょうか。

トラックの場合にはまだまだ塗装が主流のように思えます。そもそもトラックは長距離を走ったりあるいは工事現場など比較的耐久力を問われる現場での運用が多いので、広告宣伝といったイメージからはやや外れる場所にありました。しかし自社の社名やロゴを入れることはこれまでもよく行われている事ですし、塗装で出来る事はラッピングでも可能だという事は知って頂きたいところです。

ラッピングの長所はいくつもありますが、トラックのような凹凸が多い車体であってもしっかりフィルムを作り込んでぴたっと合うように仕上げられる点は特筆されます。こうしたでこぼこがあるものはシールには向かないと思われていましたが、現在のラッピングでは充分に問題を克服出来ています。

その点を踏まえて考えると、コスト面でも耐久面でも申し分ない性能を発揮してくれますので、ぜひ試して頂きたいです。物流量の増大によってトラックの運用は現在非常に切迫しており、車体を休ませる時間もなかなか確保出来ないのが現状でしょう。そうした運用上の制約もすぐに作業が出来るラッピングなら充分にカバーすることが可能です。トラックであっても自社のアピールには大変有効な手段ですので、ご活用されるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *