企業アピールのためにトラックにラッピングを施す

トラックや営業車をラッピングすると走る広告として企業のアピールをすることができます。

使うトラックはペインティングなどのコストがかかるイメージがありますが、ラッピングを施すため古い車種でも新品のように生まれ変わりますので、多少見た目が古くても大丈夫です。イメージや目的に合わせてさまざまなデザインを施すことができます。側面のデザインだけでなくフロントやリアといった車の前後に施すことができるため、イメージにより合うデザインに仕上げることが可能になります。

企業のトラックや営業車は街中を走行していることが多く、またトラックは活用できる面積が広いため、ラッピングを施している車は走る広告塔として人の目に触れることになります。最初は費用がかかりますが、自社所有の車両を活用して走る広告塔とすることができるので、それ以後の広告費用を抑えることができます。年数が経過していても、傷がついているものであっても、ラッピングを施すため心配ありません。年数が経っていても、内部のメンテナンスさえしっかりしているものであれば、活用することが可能です。

一般のお客様だけでなく、取引先の企業にもPRすることが可能です。会社の前に置いておけば、来訪する取引先の目に触れることになります。街中に走行していても、目に触れるためアピール効果が抜群です。ラッピングを施しておくことによって、自社の看板を背負っているということをスタッフに自覚をもたらすことができ、自然と安全意識向上に繋げることができ、ドライバーの運転マナーやモラルの向上に努めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *