トラックのラッピングで商品をPR

車体の大きなトラックは、ラッピングしがいがあります。

面積の小さい車は、文字などがわかりにくく単純な言葉になってしまいがちですけど、トラックの側面は長さがあるので多少長めの文字でも読みやすくなります。消費者に伝えたいことがあれば、トラックの側面に記入しておくだけで読んだ人の記憶に残りやすくなるでしょう。特にラッピングで重要なのは、トラックの背面の部分です。信号で止まるたびに後ろの車両が見ることになりますから、背面も手を抜かずにしっかり宣伝するようにしてください。

印象の強いデザインにすれば、商品に興味を持ってもらえるかもしれません。渋滞のときなどは長時間にわたり停車しますから、後続車の退屈を吹き飛ばすような図柄にすると会社自体に好感を持ってもらえそうです。ちょっとした気遣いが会社のイメージアップにつながることも少なくありませんから、トラックの背面に何を貼るかをアイデアをしぼり出してみてください。ラッピングは一年中張りっぱなしではなく、時々張り替えるのがコツです。

季節に合わせて最低でも4回は張り替えたほうがよいでしょう。新商品が発売されるごとに張り替えるようにすれば、宣伝効果が上がります。色も、夏は涼しげな色遣い冬は暖かさの感じられる配色にすることで、見る人に好感を持ってもらえそうです。夏に飲みたい飲料と冬に飲みたい飲料は違いますから、夏には冷たい飲み物冬にはあたたかい飲み物というように見る人のニーズに合わせて変えていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *