トラックのラッピングにかかる費用

ラッピングとは包むという意味がありますが、日本でラッピングといえば車両に特殊なフィルムを貼り付けることを指します。

フィルムは単色のものもあれば大型のプリンターで印刷するものもあり、特に後者は簡単に模様や図柄といったものを作ることが可能で、宣伝広告によく使われるものです。特に日本ではバスや鉄道車両などで良く見かけることがありますが、都市部においては、宣伝カーとしてトラックに貼り付けて循環しているケースもあります。また社用車や配送車への需要も高く簡単に自社や自社製品を周囲に知らしめることができるので、よく行われているものです。

それとフィルムを貼り付けるためボディを傷から守るといったメリットもあります。ラッピングをするにしても費用が掛かります。費用の単位は、材質と大きさで良い材質のものほど高価になり、面積が大きいほどそれだけ費用が掛かります。基本的な相場は平米あたり12、000円からで、安いものでは平米あたり10、000円からのものもあります。

良い材質のものの特徴としては気泡が抜けやすいため施工性が良く、また剥離しやすいといったメリットがあるものです。トラックの場合には4tトラックのサイドボディのフルラッピングであれば、30万円から40万円が相場です。軽トラックでも20万円から25万円程度で行うことができます。ラッピングするための期間はデザインを決めたり印刷するといった工程が必要ですから1週間程度かかりますが、施工時間はトラックの状態がよければ1日で行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *