配送車両のデザインはラッピングが便利です

工場からお店に商品を運ぶ時のトラックのことを配送車両と呼びますが、お弁当やお握り・加工食品を製造している会社やイベント会場などからのオードブル注文を専門にしている会社など、日々の輸送には欠かせない存在と言えましょう。

車両の両側のスペースに会社名やロゴマークなどのペイントを施すことは、この車両はどこの会社のものであるのかを明確にします。知名度に関係なく頻繁に見掛ける場合は認知度アップの効果も出て来ます。最近ではペイントではなくラッピングを使っている配送車両も増えており、車体にはイラストや文字だけでなく写真を使えるのが魅力です。

パソコンを使ってデザインデータを製作する時に配送車両に掲載したい画像を選びます。完成したデザインデータのラッピング出力を可能にしている印刷会社に提供すると、台数分のフィルム出力を行ってくれます。後は、施工を行う専門の会社を選び、印刷物と車両を渡せば早ければ当日中に納車して貰うこともできます。但し、当日納車台数は1~2台、施工面積がそれほど大きくないなどの条件付きですので、スケジュールに合わせて依頼するようにしましょう。

ペイントと比べると料金が安いことや施工時間が短いなどのメリットがありますし、デザインを自ら考えて製作できる魅力や画像が使えるなどの特徴がラッピングにあるのです。特に配送車両を多く所有している場合は、経費を節約しながら魅力ある広告を掲載できるため、宣伝にも効果的ではないでしょうか。
配送車両のラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *