配送車両を広告塔に変えるラッピング

配送車両は見方を変えると道路を走る宣伝広告塔になり得ます。

荷台の部分にはそれなりのスペースがあり、側面の視認環境はばっちりですし、後部の開閉部分は後ろを走る車からは非常によく見えます。こうした利点を利用するためには、ラッピングによるデザインが最適です。ラッピングを用いれば、綺麗な広告を短時間でしかも安いコストで配送車両に施すことが可能になります。

多くの企業では、配送車両に社名やロゴ、あるいは主力商品などのイラストを掲載していますが、その多くが塗装を使っているので、そうそう塗り替えることも出来ません。これはとても勿体ないことです。ラッピングの利点は、フィルムの張り替えが容易だという点です。フィルムは事前に印刷をしておきますので、実際に車体に貼り付ける時の作業時間は塗装を行う場合と比べると非常に短くて済みます。

常に稼働していなければならない配送車両であっても作業時間を確保しやすいのが大きな利点で、そうなると導入時の塗装のままではなくて、いろいろなタイミングでキャンペーンのように次々と広告を替えることも楽に行えます。

しかも塗装と違って現在の車体塗装を剥がす必要はなく、フィルムを取る作業も簡単に行えるので、車体へのダメージを最小限にすることが可能なのです。ラッピングを用いれば、市販の一般車両も簡単に自社仕様に衣替えすることが出来ますので、塗装の特注を依頼する必要もなく、車両購入時の選択肢がぐんと広がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *