ラッピングによるトラック活用法

トラック輸送といえば物流の現場において重要な役割を担っている職種ですが、長時間にわたって運転を続けなければならないなど、その仕事内容はかなりハードです。

そのため、ドライバーの中には自らの愛車に対してまるで相棒のような親近感を抱き、さまざまな装飾を施すことで愛情を表現する人が少なくありません。このように装飾されたトラックを通称デコトラといいますが、現在、このデコトラに欠かせない技術の1つとなっているのが、ラッピングです。ラッピングは、あらかじめ文字や絵などをプリントしたフィルムを適当な大きさにカットし、車体を包み込むことをいいます。

直接塗装するのではなくフィルムシートを貼るだけなので、作業はとても簡単です。また、プリンターは家庭用のインクジェットプリンターと同様の原理を持っているので、写真なども出力することができます。そのため、塗装よりもデザインのバリエーションが豊富で、細部までくっきりした美しい仕上がりになるという利点もあります。

ラッピングの用途は、デコトラだけに限りません。企業が所有しているトラックに商品写真などを掲載すれば、その商品を運搬しながら広告宣伝活動を行うことができます。また、運送会社がトラックの車体を移動看板として有料で貸し出せば、広告収入を獲得する手段にもなります。広告主が変わっても塗装のようにペンキを塗り直す必要はなく、フィルムを貼り替えればいいだけなので手間がかかりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *