ラッピングでトラックを巨大な広告看板に

道路脇を歩いているとトラックの行き交う姿をよく見かけますが、それらの車両の中には、コンテナ部分にさまざまなデザインを施したものがあります。

目にする機会が多いのは運送会社の社名やロゴマークなどが入っているタイプですが、時には食品のパッケージや清涼飲料水のボトルを写した写真画像が表示されていて、まさに今あの商品を運んでいるのであろうと容易に想像できることもあります。あのようなデザインは、一般にラッピングと呼ばれる技法で作られています。ラッピングは、粘着性のフィルムシートにプリンターで文字などを印刷し、車体に貼り付ける技術です。

1枚の巨大なシートですっぽり覆うこともあれば、小さくカットして貼り合わせることもあります。いずれにせよ、塗料を使って車体に直接描くよりも簡単で、デザインのバリエーションも豊富なことから、企業の営業車や路線バスなどさまざまな方面で普及が進んでいます。トラックもその1つです。トラックはコンテナの側面部分が非常に広い面積を持つことから、一種の移動看板として活用すれば高い宣伝効果が見込めます。

広告画像などをラッピングすることで、荷物の運搬という本来業務を遂行しながら、同時にPR活動も行うことができます。塗装よりも高い精度で画像を再現できるので、巨大なQRコードを表示して道行く人がスマートフォンをかざすとキャンペーン用のインターネットサイトを訪問できるとといった、ユニークな活用法も実現可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *