ラッピングトラックはイメージアップや広告になる

道路を走行しているトラックは自動車の部品や家電製品に、生鮮食品から日用雑貨など様々な物を日本中に運び日本の物流を支えていますが、最近は物流以外にもラッピングトラックと言って荷台の部分に様々なカラーやデザインを塗装した車両が増えています。

トラックなどの営業車両は社名を車体や荷台に記入する事が常識ですが、その社名をデザイン性に優れた物にしたり企業のイメージカラーで綺麗に塗装しているだけでなく、運送している荷物の荷主企業の商品を大々的にアピールしている場合も多いです。生鮮食品では地元で収穫した野菜を遠い場所へ出荷する際に、野菜をデザインして荷台の後部に出荷元の地域やキャラクターをアピールするだけで、地域の生鮮食品のイメージアップ効果は高くなります。

またアーティストのコンサートが開催される時に機材を運ぶ車両にアーティストの写真やイメージをラッピングすると、コンサート開催の告知広告にもなるのです。こう言ったラッピングは配送と同時に宣伝効果が高いので取り入れている企業も増えていますし、宣伝効果だけの為にラッピングを施して街中を走行するトラックもあります。

他にも宣伝効果と言う理由ではなく完全に個人の趣味で様々なデザインのラッピングトラックも走行していますが、いずれにしても個人で塗装したりカッティングシートで仕上げるのはかなり難しいです。荷台は想像以上に大きくて広いので綺麗に仕上げたい場合は専門の会社に依頼するのが確実で、専門の会社も複数あるのでネットの口コミやランキングなどで調べると納得の会社を見つけられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *