失敗しない給与前払いシステムを選ぼう
2020年5月9日

給与日払いにはメリットもデメリットもあります

一般的に社会人となると、給料日が設定されていて、その日にひと月分の給与をもらうことになるでしょう。

その日までに生活費をやり繰りしたり、場合によっては使い過ぎてしまい、給料日までに節約して何とか頑張らなければならないことも出てくるかもしれません。しかし給料日を待つことなく突然の出費に見舞われるケースもあります。例えば急に飲み会に誘われたり、親戚や恩師の訃報、家電製品の故障などがこれに該当します。このような時に、1日分だけでもいいので給与を日払いでもらえることができればよいと考えたことがある人も多いものです。近年では実際に給与の日払いができる企業が増えてきました。

日払いと聞くとアルバイトや職人などにおなじみの支払スタイルでもありますが、これを企業の正社員でも可能にしているところが多くなってきています。月給制から日給制に移行するわけではなく、月給の中から任意で日数分の前払いができるシステムです。会社によっては数パーセントの手数料がかかるものの、急にお金が必要になった人には好評となっています。

給与費払いを利用することによって、貯金を切り崩したり消費者金融からお金を借りることを防ぐことができるでしょう。システムによってはスマートフォンで申し込むことができるものもあり、手軽に利用することができます。反対に手数料がかかることが一つのデメリットとなります。またあまり頻繁に利用することがあれば、会社からは良い印象を持たれなくなってしまうかもしれません。これらのことを踏まえて、よく考えて利用することが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *