失敗しない給与前払いシステムを選ぼう
2020年7月3日

人手不足を解消したいなら給与日払いシステムの導入を

アルバイトの募集広告を見ていると、条件欄に「日払い可」と書かれているものの、仕事の内容はというと交通調査員などの1日限りの仕事ではなく、一般事務であったりショップスタッフだったりという例をよく目にします。

これは、昔ながらの「日払いバイト」とは異なる新しい給与の支払い形態で、一般に日払いシステムと呼ばれています。日払いシステムは、月締め月払いという一般的な給与の支給方法を原則としながらも、従業員からの申し出があればそれを分割して支払うことを認めるというものです。最小単位が1日分なので、日払いシステムと呼ばれています。

このシステムは、企業における人材確保の手段として生み出されました。たとえ支給総額が同じでも、給与を1月に1度しか受け取れない職場と毎日受け取れる職場では、後者の方が就職人気が高くなるのは自然なことです。また、働き始めてすぐに報酬が得られるとなれば仕事に対する関心の低下が簡単には起こらなくなるため、従業員の定着率を高めるのにも役立ちます。

ただ、せっかく採用しても手続きに手間がかかるとその魅力も半減してしまいます。そこで、採用企業の多くは効率的な事務処理システムを導入し、従業員がウェブサイトやスマホアプリから簡単な申請手続きを行うだけで、最短ならその日のうちに給与が振り込まれるようにしています。このようなシステムは専門の事業者が提供しており、比較的低コストで利用可能できます。
給与の日払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *