失敗しない給与前払いシステムを選ぼう
2020年7月18日

給与日払いシステムにはメリットがあります

社会人になると、給料日が待ち遠しいという人も多いものです。

給料日が来るまでには、生活費をやり繰りしたり、ほしいものを我慢することもあるでしょう。とはいえこのような生活を続けていても、給料日を待たずに、突然出費が発生することもあります。急に飲み会に誘われたり、冠婚葬祭が入ったり、家電製品が故障したりすることがあるかもしれません。このようなときに便利に利用できるものが給与日払いシステムなのです。日払いシステムと聞くと、職人や派遣業務、アルバイトなどにおなじみの支払い方法をイメージする人も多いことでしょう。

1日働けば、終わった後にその場で給料をもらえるものです。この給与日払いシステムを近年では企業の正社員に取り入れるところが増えてきています。月給制から日給制に移り変わっているというと分かりやすいでしょう。分かりやすく言うと、給料日よりも先に働いた一部分を日払いで引き出せるシステムです。給与日払いシステムを取り入れた場合には、企業には6パーセント前後の手数料がかかることになります。

しかし急にお金が必要になった従業員からは、非常に好評だと言われています。このような給与日払いシステムに、様々なメリットがあります。従業員側から見れば、急な物入りに対応できるのがうれしいメリットです。貯金を崩したり、消費者金融に頼らなくても、お金を手にすることができます。企業側としては、福利厚生が厚いというイメージが良くなって、人材確保がしやすくなったり、離職を防げることがメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *